赤ちゃんの粉ミルクに最適なウォーターサーバーとは

赤ちゃんは胃腸の働きが弱いので、粉ミルクを作るときには、注意しなければなりません。

 

水道水でも粉ミルクをつくることができますが、日本の水道水には、消毒のために投入された塩素が、残留塩素(カルキ)として含まれていますので、赤ちゃんのからだには負担となってしまいます。

 

赤ちゃんの粉ミルクに使用するときは、10分程度かけて煮沸をして残留塩素(カルキ)を抜き、冷まさなければなりません。

 

そこで、便利なのがウォーターサーバーです。

 

 

ほとんどのウォーターサーバーは80度程度のお湯がすぐに出るようになっているので、粉ミルクを作るための湯沸かしの手間が省けるという点で、ウォーターサーバーがとても注目されているのです。

 

しかし、ウォーターサーバーといっても最近では様々なものがありますよね。

 

そこで、赤ちゃんの粉ミルクを作るのに最適なウォーターサーバーの選び方やおすすめのウォーターサーバーをご紹介します。

 

 

赤ちゃんの粉ミルクに最適なウォーターサーバーの条件

 

1、硬度が低い天然水であること

 

赤ちゃんの粉ミルクを作るときに、ウォーターサーバーを利用するととても便利なのですが、数あるウォーターサーバーの中からどのような基準で選べば良いのでしょうか?

 

まず、一番大切なことは、水の質です。

 

ミネラルやカルシウム含有量の多い「硬水」は、赤ちゃんの内蔵には負担となってしまいます。

 

赤ちゃんの粉ミルクを作るときに使用する水は、日本産の天然水など、できるだけ硬度の低い「軟水」が適しています。

 

 

2、チャイルドロックがついていること

 

チャイルドロックがついていると、赤ちゃんがお湯でやけどをしたりすることがないので、安心ですね。

 

 

3、交換しやすい容器であること

 

ボトルなどの容器が高いところにあったり、重すぎたりすると、交換するのがたいへんなので、1個あたりの容量があまり大きくないほうが良いでしょう。

 

 

4、サーバー内に空気が混入しにくい構造になっていること

 

サーバー内部に侵入する細菌は「空気中」に含まれていますので、空気が入りにくい構造のサーバーを選ぶことが大切です。

給水時に空気を取り込まず、ボトル自体が縮むタイプのものが良いでしょう。

 

 

5、細菌対策が施されているサーバーであること

 

サーバー内部には手が届かないため細菌が繁殖しやすいので、サーバー内部をクリーニングする機能がついているものが良いでしょう。

 

以上の5つの条件を満たすウォーターサーバーは、

コスモウォーター」や「フレシャス」などがあります。